「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠

「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠 その1 歌を歌うことが好きな翠ちゃんがデリヘルバイトで恩師と再会♡

「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠

 

今回は翠ちゃんの4作目のAV作品、

「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠

のレビュー記事を書いていきます♪

この作品は翠ちゃんが高校卒業間近で大学に進学するかどうかと言うところから物語が始まります。

ストーリー的にもなかなか見ごたえがあって興奮する展開なのでおすすめの作品ですね。

まずはサンプル動画がありますので参考に見てみて下さい♪

「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠 サンプル動画

2分くらいの動画ですがこれだけでも抜けるかもです(笑)
だんだんと先生とのセックスが気持ち良くなってきてもっと先生のおち〇ぽがほしいという気持ちになるまでしっかり見れますよ♡

それではがっつりレビューしていきますのでどうぞご覧ください♪

家でも発声練習をする程歌を歌うことが好きな翠ちゃん

発声練習をする翠ちゃん

アー、アー、アー、ミー、ファー、アー、ミー、ファー、ミー

と翠ちゃんが可愛く発声練習をしているところからはじまります。

可愛く発声練習と表現しましたがこれが結構本気で可愛いです(笑)

ちゃんとお腹に手を当てて真面目に発声練習をしている翠ちゃん。

そこにお母さんが入ってきてちょっと翠うるさいわよ、近所迷惑じゃない。

と穏やかに話しかけてくるころからスタートです。

そこでお母さんが学校の先生がお母さんとお父さんに話があるから来るんだって。

との話。

翠ちゃんはいったい何の話があるんだろう?と少し不安にもなります。

お母さん曰く翠ちゃんの進学の話しじゃないかということ。

お母さんが部屋から出ていくと翠ちゃんは

ドー、レー、ミー、ラー、ミーと発声練習の続きをします。

お母さんがまた部屋に入ってきて笑顔でほら近所迷惑。

とたしなめると翠ちゃんは苦笑いでドー、レーと少し声のボリュームを絞って発声練習をします(笑)

学校の先生が進学の話しをしに家にやってきた

やってきたのは翠ちゃんの所属する合唱部の顧問の北先生。

家に来た理由はやはり翠ちゃんの進路の話しをしに来たという。

お父さんは翠は卒業したら働くって言ってますと言うと北先生は娘さん本当は音大に進学したいという気持ちがあることをご存知でしたか?

と話し始める。

翠ちゃんの両親ははじめて聞いたのかお互い目を見合わせて驚いた顔。

翠ちゃんは先生どうしてそれを言うの?と言った感じ。

家計を心配して就職を決めた翠ちゃんを心配して吉野という友達から相談を受けたという北先生。

しかし翠ちゃんの家には大学に行かせるお金なんて無いとお父さんは言う。

顧問として翠ちゃんが歌に向けてる情熱をずっと感じてきたという北先生。

合唱したいという気持ちを見てきたという北先生。

お金が大変なのはもちろんあると思いますがどうか翠ちゃんの情熱の為に進学させてあげてほしいという北先生。

先生の話を聞いてお金は何とかしますと言うお父さん。

それを聞いて驚くお母さんと翠ちゃん。

娘の気持ちを教えて頂きありがとうございますと感謝するお父さん。

娘のやりたいことを全力で応援したいと言うお父さん。

翠ちゃんに我慢させてごめんと言うお父さん。

本当はずっと音大に行きたかったの…でも言いだせなくて…

と気持ちを話し始める翠ちゃん。

お父さんもお母さんも大学に行きたいという翠ちゃんを応援してくれるという。

ご家族の許可は出たけど水森はどうするんだ?と聞く北先生。

先生、私進学する。

お父さん、お母さん、ありがとう。

と感謝を口にする翠ちゃん。

お父さんは翠ちゃんの為に一生懸命働くから翠も頑張ってなと言ってくれるお父さん。

お母さんも応援してくれている。

このきっかけを作ってくれた北先生にも感謝する翠ちゃん。

北先生の説得のおかげで音大に通い始めた翠ちゃん

お父さん、お母さん、北先生に感謝して音大に通う翠ちゃん。

音大では外国の生徒も多く皆個性的で凄く楽しく通えている翠ちゃん。

音大では歌だけではなく個性を出すためにタトゥーを入れたという翠ちゃん。

両親には凄く反対されましたが一度っきりの人生だと思い何とか説得し許しをもらった翠ちゃん。

一度扉を開けるとこれまで見えなかったことも見えて何だか大人になった気がしている翠ちゃん。

自分の部屋で下着姿で楽譜を見ていたら部屋に入って来たお母さん。

お母さんは翠すごくいい経験してる、先生のおかげねと嬉しそうに言うお母さん。

先生には感謝してると言う翠ちゃん。

お母さんはこのご時世家まで来てくれる何てすごくいい先生ねと嬉しそうに話している。

翠ちゃんは先生は部活のときもいっつも優しくて素敵な先生だったのと話している。

翠ちゃんは作詞もしているようでお母さんが上手く行ってるか聞くと。

翠ちゃんはまだわかんないけど私的には上手くいってると言う。

ちょっとお母さん見てみてと言って作詞の書いた紙を渡す翠ちゃん。

お母さんが見てもわかんないなぁと言いながら嬉しそうに見るお母さん。

出来たら披露すると言う翠ちゃんに翠ならきっと上手くいくわねと言うお母さん。

そんな話をしているとお母さんの携帯電話に知らない番号からの着信が…

電話の内容はお父さんが倒れたという連絡だった。

お父さんが倒れたのもあり学費を稼ぐためにバイトをしはじめる翠ちゃん

リビングでお母さんと話している翠ちゃん。

お父さんのことが心配で翠ちゃんは落ち込んでいる様子。

お母さんはただの家老だってと言って翠ちゃんを励ます。

お医者さんもちょっとゆっくりしてれば治るって言っていたらしい。

翠ちゃんは自分の学費のせいでお父さんに負担をかけたんだと思っている。

翠ちゃんは責任を感じて大学辞めると言い出す。

お金ないのに無理して働いて学費稼いでお父さんが倒れたのは私のせいだよと言う翠ちゃん。

お母さんは翠ちゃんが大学辞めたらお父さん悲しむと話す。

翠ちゃんは少し考えてじゃあ私バイトすると言い出します。

自分で学費を稼いでお父さんの負担を減らそうと考えた翠ちゃん。

お母さんはバイトさしちゃってごめんねぇ。

と翠ちゃんに申し訳ないと思いながらも正直助かると言う気持ちを翠ちゃんに伝える。

翠ちゃんは手元にある数千円を握りつぶしこれだけじゃ足りない…と言う。

翠ちゃんはスマホで【高額 求人 アルバイト】と検索をしてバイトを探す。

スマホの画面に映し出されたのはデリヘルのバイトだ。

日給4万円と書いてあることに驚く翠ちゃん。

ほんと?こんなに稼げるの?と驚きつつも興味を持つ翠ちゃん。

翠ちゃんはデリヘルの求人が本当なのか半信半疑で興味を持ちつつもやっぱり私には出来ないやと言いながらスマホの画面を閉じてベッドに置く。

でも手元にあるお金数千円を見てどうしようかと考えている様子の翠ちゃん。

お金の為に思いきってデリヘルのバイトをはじめてみる翠ちゃん

翠ちゃんは何としてでも学費を自分で稼ぐしかないとの思いでデリヘルのバイトをはじめてみます。

指名が入ってお客様の家に向かう翠ちゃん。

少し緊張しながらアパートの階段を上っていく翠ちゃん。

お客さんの家のインターホンを鳴らしたら部屋の中から出てきたのは何と北先生!?

思わぬところで恩師と遭遇!!!翠ちゃんの運命やいかに!?

少し俯き加減で玄関の中に入ってお客さんの方を見て目が合った時に翠ちゃんは自分の目を疑った…

そこにいたのは高校のときの合唱部の顧問で翠ちゃんが大学に行けるようにサポートしてくれた恩師の北先生だった…

翠ちゃんはまさかの事態に驚きを隠せず、帰りますと言うが北先生は話を聞こうと言って無理やり翠ちゃんを部屋の中に招き入れる…

あんなに優しくていい先生だった北先生はまさか教え子の翠ちゃんとエッチなことしようなんて思わないよね…

デリヘル呼んだらまさかの教え子がきたから心配になって部屋でゆっくり話しを聞こうとしているだけだよね…

しかしいくら教え子と恩師と言えども男と女。

一つ屋根の下で二人っきりになって、しかもそもそも北先生はデリヘル呼んですっきりしようとしていたのですからね…

翠ちゃんの運命やいかに!?

北先生の部屋に上がってその後の展開が気になる方はこちらです♪

「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠 その2 デリヘル呼んだら教え子がきた!!恩師と教え子のデリヘル生中出し(*´Д`) 「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠 画像かタイトルタッチでFANZAに移動しま...
「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 水森翠